治療費について
chiryouhi

治療費の打ち切りについて

交通事故が発生し,病院での治療が必要な場合,相手方の保険会社が,病院に対して直接治療費を支払うことが多いです。

相手方保険会社の,この治療費の支払いは,被害者にとって,治療費を負担せずに通院できる点で,非常に有益なものです。

ところが,治療を始めて「一定期間」が経過すると,保険会社から「もうそろそろ,治ったのではないか」「もう病院はいいのではないか」などと言われて,治療の打ち切りが打診されます。

この「一定期間」は怪我の状況により定まるものとなります。妥当な期間であれば,問題ないのですが,明らかに短い通院期間であるのに,打ち切りの打診がされている例も散見されます。

相当重症で痛みもかなり残っているのに1カ月で打ち切りを打診された例なども見ることがあります。

この打診の際に,応じてしまうと,保険会社は治療費打ち切りの手続きをおこないます。この手続きが終了してしまうと,再開を求めることは極めて困難です。

打ち切りの打診がされた場合には,それに応じることはせず,一度法律事務所にご相談いただければと思います。

山形県の交通事故で弁護士,法律事務所をお探しの方は,天童法律事務所までお気軽にお問合せください。