治療費について
chiryouhi

治療費を打ち切る保険会社のメリット

交通事故で,治療費打ち切りを保険会社から見た場合どのようなメリットがあるのでしょうか。

交通事故で,保険会社から治療費の打ち切りを打診されると,それ以降は治療ができないものと考える方もいらっしゃいます。

現に,保険会社から治療費支払を打ち切りにされたため,通院をやめたという方はたくさんいらっしゃいます。保険会社から治療費の打ち切りを打診されても通院をやめる必要はありません。原則論を言えば,医師が症状固定の診断をするまでは通院は可能ということになります。

交通事故の治療費打ち切りのメリットは,このように,通院をやめさせるという点にあります。

通院期間が短いと,当然,それ以降の治療費はかかりませんので,治療費を削減できるというメリットがあります。これは誰にでもわかりやすいメリットです。

 

実は,交通事故において,保険会社のメリットはそれにはとどまりません。

まず,慰謝料を減額できます。

交通事故での慰謝料は通院期間,通院日数を基に算定されます。通院期間,通院日数を短くすることは慰謝料を減額することが可能になります。

 

次に後遺障害の認定をつきにくくすることができます。

後遺障害認定の際(特にむちうちなど)には,通院期間,通院日数が重要な考慮要素となっています。通院期間,通院日数が長いことは,後遺障害認定に有利な事情です。逆に言えば,これが短いことは不利な事情になります。

 

このように,治療費だけでなく,慰謝料,後遺障害などの点においても,保険会社の大きなメリットがあります。

 

山形県の交通事故で,法律事務所,弁護士をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。