治療費について
chiryouhi

症状固定とは

交通事故の治療は,「症状固定」まで認められます。

症状固定とは,簡単に言うと,「治療してもこれ以上良くならない」という状態のことです。

治療してもこれ以上良くならないのだから,治療は終了しましょうということになります。すなわち,治療費の支払いもそこで終了となります。

その意味で「症状固定」は極めて重要な分岐点となります。

症状固定しても,痛み等が残っていることがあります。その痛み等に対する賠償はどのようになるのかというと,「後遺障害」において斟酌されることになります。

「症状固定」の判断は医師がすることになります。保険会社がするわけではありません。それにもかかわらず保険会社が「もうそろそろいいでしょう」などと言って症状固定にしようとすることがよく見られます。

医師が症状固定の判断をしなければ,いつまででも治療ができるかと言えばそうではないのですが,保険会社の打診は早すぎることもあります。

保険会社から「症状固定の診断書を書いてもらってください」などと言われたときには注意するようにしてください。

山形県の交通事故で,法律事務所,弁護士をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。