休業損害について
kyugyousongai

休業損害とは

休業損害とは,交通事故の被害者の方がケガをしたことにより,治癒あるいは症状固定までの期間,働くことができずに収入が減少することによる損害をいいます。

代表的なものを挙げますと
(1)交通事故で休んでしまったために会社からの給与が一部,または全部支払われなかった。
(2)ボーナスが減った,または支払われなかった。
などがあります。

休業損害の具体的な金額は,1日あたりの損害額(これを「日額基礎収入」といいます)に休業日数をかけて計算するという方法が原則です。
【休業損害】=【日額基礎収入】×【休業日数】

なお,休業日数については,治療期間内で,実際に休業した日数のうち傷害の内容・程度,治療過程,被害者の方が従事している仕事の内容等をみて相当な日数が認められます。必ずしも休んだ日数=休業日数とはなるとは限りません。この点ご注意ください。

山形県の交通事故で弁護士,法律事務所をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。