後遺障害について
kouishougai

後遺障害について

 後遺障害について

交通事故によるケガが無事完治すればよいですが,ケガの程度によっては必ずしも完治するとは限りません。

医師が,医学的にみてこれ以上症状が改善しないと判断した場合,これを保険用語や裁判用語で「症状固定」と呼びます。

交通事故の治療費の支払いが認められる期間は「症状固定」までとなります。

理屈としては「それ以上治療してもよくならないのだから,治療は終わりになる」ということになるわけです。ところが,先ほどいったように,症状固定になっても痛みが残っているということはあります。

「残った痛みについて損害は補填されないのか」という疑問が出てくると思います。この「残った痛み」のことを後遺障害と言います。残った痛みについては治療費の支払いではなく,後遺障害として,慰謝料や逸失利益が支払われることになります。

よって,症状固定になってもまだ痛みが残っている場合には,後遺症として,後遺障害の認定を受けられる可能性があります。

もっとも,どんな症状でも認定を受けることができるわけではありません。自賠責保険の制度の中で,後遺障害として認定を受けられる基準というものが決まっています。この基準に該当するかどうかが、後遺障害として認められるかどうかのポイントになります。

後遺障害の等級認定は,損害保険料率算出機構(正確にはその下部機関の自賠責損害調査事務所)という機関が行います。

通常、相手方の保険会社が症状固定まで治療費の支払いをしていた場合には、相手方の保険会社を通じて後遺障害の認定を申請することが多いはずです(これを事前認定といいます。)。

もっとも、相手の保険会社を通さずに、被害者が自賠責保険に対して自分で直接申請することも可能です(これを被害者請求と言います。)。

後遺障害の等級認定には、その程度に応じて1級から14級まであり、1級が最も重く、14級が最も軽い等級となります。

なお、後遺症と認められない場合は、「非該当」となります。

等級が高ければ高いほど支払われる保険金も高くなるため、後遺症が残る被害を受けた場合は、いかに高い等級を獲得するかが極めて重要になります。

もっとも、自分のケガが一体何級に相当するのか、そもそも自分の症状が後遺障害の等級認定を受けられる可能性があるのか、一般の方が適切に判断することは難しいと思います。

ですので、後遺症が残っているのではないかと思ったときには、一度弁護士に相談することをお勧めします。弁護士は、被害者ご本人に代わり、自賠責保険に対し、後遺障害の等級認定申請を行うこともできます。

また、一度相手方保険会社を通じて申請をしたけれども、非該当になってしまったという場合、自賠責保険の後遺障 害等級認定は異議の申立ができるので、異議申立を弁護士に依頼することも考えてみてください。

この異議申し立ての手続きでも、可能であれば、できるかぎり経験が多い、あるいは医学的知識を有している弁護士に相談や依頼をすることをお勧めします。

さらに、自賠責保険ではどうしても満足のいく認定結果が得られない場合、裁判を起こして裁判官の判断を仰ぐことを考えてみてほしいと思います。

裁判官は、自賠責保険の結果に縛られることなく、証拠を総合判断して、後遺症があるかどうか、またその後遺症にふさわしい損害賠償額を認定できることになっています。ですから、自賠責保険の結果が思わしくない場合、最後は訴訟で争ってみることも考えてみてください。

山形県で交通事故でお悩みの方は,天童法律事務所までお気軽にご相談ください。