治療費について

chiryouhi

症状固定とは

交通事故の治療は,「症状固定」まで認められます。

症状固定とは,簡単に言うと,「治療してもこれ以上良くならない」という状態のことです。

治療してもこれ以上良くならないのだから,治療は終了しましょうということになります。すなわち,治療費の支払いもそこで終了となります。

その意味で「症状固定」は極めて重要な分岐点となります。

症状固定しても,痛み等が残っていることがあります。その痛み等に対する賠償はどのようになるのかというと,「後遺障害」において斟酌されることになります。

「症状固定」の判断は医師がすることになります。保険会社がするわけではありません。それにもかかわらず保険会社が「もうそろそろいいでしょう」などと言って症状固定にしようとすることがよく見られます。

医師が症状固定の判断をしなければ,いつまででも治療ができるかと言えばそうではないのですが,保険会社の打診は早すぎることもあります。

保険会社から「症状固定の診断書を書いてもらってください」などと言われたときには注意するようにしてください。

山形県の交通事故で,法律事務所,弁護士をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。

 

 

治療費を打ち切る保険会社のメリット

交通事故で,治療費打ち切りを保険会社から見た場合どのようなメリットがあるのでしょうか。

交通事故で,保険会社から治療費の打ち切りを打診されると,それ以降は治療ができないものと考える方もいらっしゃいます。

現に,保険会社から治療費支払を打ち切りにされたため,通院をやめたという方はたくさんいらっしゃいます。保険会社から治療費の打ち切りを打診されても通院をやめる必要はありません。原則論を言えば,医師が症状固定の診断をするまでは通院は可能ということになります。

交通事故の治療費打ち切りのメリットは,このように,通院をやめさせるという点にあります。

通院期間が短いと,当然,それ以降の治療費はかかりませんので,治療費を削減できるというメリットがあります。これは誰にでもわかりやすいメリットです。

 

実は,交通事故において,保険会社のメリットはそれにはとどまりません。

まず,慰謝料を減額できます。

交通事故での慰謝料は通院期間,通院日数を基に算定されます。通院期間,通院日数を短くすることは慰謝料を減額することが可能になります。

 

次に後遺障害の認定をつきにくくすることができます。

後遺障害認定の際(特にむちうちなど)には,通院期間,通院日数が重要な考慮要素となっています。通院期間,通院日数が長いことは,後遺障害認定に有利な事情です。逆に言えば,これが短いことは不利な事情になります。

 

このように,治療費だけでなく,慰謝料,後遺障害などの点においても,保険会社の大きなメリットがあります。

 

山形県の交通事故で,法律事務所,弁護士をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。

治療費の打ち切りについて

交通事故が発生し,病院での治療が必要な場合,相手方の保険会社が,病院に対して直接治療費を支払うことが多いです。

相手方保険会社の,この治療費の支払いは,被害者にとって,治療費を負担せずに通院できる点で,非常に有益なものです。

ところが,治療を始めて「一定期間」が経過すると,保険会社から「もうそろそろ,治ったのではないか」「もう病院はいいのではないか」などと言われて,治療の打ち切りが打診されます。

この「一定期間」は怪我の状況により定まるものとなります。妥当な期間であれば,問題ないのですが,明らかに短い通院期間であるのに,打ち切りの打診がされている例も散見されます。

相当重症で痛みもかなり残っているのに1カ月で打ち切りを打診された例なども見ることがあります。

この打診の際に,応じてしまうと,保険会社は治療費打ち切りの手続きをおこないます。この手続きが終了してしまうと,再開を求めることは極めて困難です。

打ち切りの打診がされた場合には,それに応じることはせず,一度法律事務所にご相談いただければと思います。

山形県の交通事故で弁護士,法律事務所をお探しの方は,天童法律事務所までお気軽にお問合せください。