慰謝料について

isharyou

入通院慰謝料について

交通事故の慰謝料には入通院慰謝料,後遺障害慰謝料,死亡慰謝料の3つがあります。

このうち,入通院慰謝料は病院へ入通院することにより生じる慰謝料であり,多くの事案で見られる慰謝料になります。

実は,交通事故の慰謝料には,「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」という3種類の計算基準があり,どの基準を使うかによって,慰謝料の金額が大きく異なってきます。

自賠責基準とは,自賠責保険が保険金を計算する際に使う基準です。自賠責保険は,もともと被害者への最低限度の補償をするための保険ですから,自賠責基準によって計算した慰謝料は低額です。

任意保険基準は,任意保険会社が被害者と示談交渉をするときのために独自に定めている基準です。自賠責基準に多少色をつけた程度になることが多く、高額ではありません。

弁護士基準は,弁護士が被害者の代理人として示談交渉を進めるときや,裁判所が判断するときに使う基準です。法的な根拠があり,金額的にももっとも高額になります。

このような3つの基準があるため,弁護士が介入すると,慰謝料は上がる傾向にあります。

山形県の交通事故で交通事故に強い法律事務所,弁護士をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。