休業損害について

kyugyousongai

休業損害とは

休業損害とは,交通事故の被害者の方がケガをしたことにより,治癒あるいは症状固定までの期間,働くことができずに収入が減少することによる損害をいいます。

代表的なものを挙げますと
(1)交通事故で休んでしまったために会社からの給与が一部,または全部支払われなかった。
(2)ボーナスが減った,または支払われなかった。
などがあります。

休業損害の具体的な金額は,1日あたりの損害額(これを「日額基礎収入」といいます)に休業日数をかけて計算するという方法が原則です。
【休業損害】=【日額基礎収入】×【休業日数】

なお,休業日数については,治療期間内で,実際に休業した日数のうち傷害の内容・程度,治療過程,被害者の方が従事している仕事の内容等をみて相当な日数が認められます。必ずしも休んだ日数=休業日数とはなるとは限りません。この点ご注意ください。

山形県の交通事故で弁護士,法律事務所をお探しの方は天童法律事務所までお気軽にご相談ください。

 

主婦の休業損害

主婦は収入がありません。そのため,保険会社から休業損害は発生しないとの説明がされることがあります。

しかし,損害賠償実務上は主婦業をしているものと扱われます。休業損害を支払ってもらうことが可能です。

事故の怪我により,痛みを抱えながら主婦業をしているという観点から,休業損害が認められます。

ただ,問題は2つあります。1つは収入をどのように算定するか。もう1つは休業期間をどのように算定するか。1つの例ですが以下のようになります。

収入は女性労働者の平均をもって算定されます。おおよそ1日1万円です。

休業期間は逓減方式が採用されることがあります。例えば3か月で治療を終えたときは最初の1か月目は100%(全日数を休業),2か月目は50%(7割を休業),3カ月目は10%(3割を休業)とみなして休業期間を算定します。

以上の計算式に基づくと,

1万円×30日×100%(1か月目)=30万円

1万円×30日×50%(2カ月目)=15万円

1万円×30日×10%(3カ月目)=3万円

合計48万円がもらえる計算になります。

もっとも主婦の休業損害は,仮定の上に成立する者なので,個別的な事情で変更が加えられることが多いです。この点に注意が必要です。

山形県の交通事故で,弁護士,法律事務所をお探しのお客様は,天童法律事務所までお気軽にご相談ください。